発酵を理解するとわかる酵素とダイエットの関係

ダイエットに関わりの深い酵素

酵素を積極的に摂取することによってダイエットを実現できるということが知られるようになりました。タンパク質の一種である酵素を摂取するだけで痩せられるという話もありますが、それが本当なのか疑わしく思う人もいるでしょう。酵素を摂取することによって消化が助けられ、結果として代謝に力を注げるようになって基礎代謝が増えるということがよく言われています。基礎代謝が大きくなれば痩せやすくなるのは確かですが、酵素の効果はそれだけなのでしょうか。

酵素を増やす発酵の意味

酵素を摂取する際に重要視されているのが発酵されているものを食べたり飲んだりすることです。典型的な酵素ドリンクは長期間に渡って発酵を行うことで熟成されているのが一般的でしょう。発酵という過程は酵素の力を使って様々な物質を代謝して他の物質に変換することであり、それを行う微生物を増殖させることで効率的に行われています。麹や酵母、乳酸菌や納豆菌などを育てることによってこれらの微生物が作る酵素を増やすことができるのです。これによって酵素が豊富に含まれるドリンクができています。

発酵に隠されたもう一つのダイエット効果

酵素を摂取することでダイエット効果が得られるのにはもう一つ理由があります。発酵に隠されているもう一つの効果として、微生物が代謝を行った結果としてビタミンやアミノ酸、オリゴ糖などの様々な栄養素が作り出されるのがダイエットに効果を発揮するのです。ダイエットで脂肪などを減らすにはエネルギーに変える必要があり、そのためにビタミンB群が不可欠です。便秘で太っている人には整腸効果のあるオリゴ糖が効果的でしょう。このような栄養を同時に摂取できるのが酵素を摂取することのメリットなのです。

酵素ダイエットを上手に選ぶために、配合成分の種類や効能の現れ方などに注目をすることがとても重要となります。