エストロゲンの分泌をサポートするために、ボロンを摂取してみよう

ボロンっていったいどんな成分なの?

バストアップのためには、エストロゲンの量を増やすか、エストロゲンによく似た効果を発揮する成分を体内に摂取して補うか、ということが基本的な対策ですよね。後者の代表格としては、大豆イソフラボンの40倍もの効力を発揮するプエラリアがあります。大抵のバストアップに含まれています。前者の効果をもたらすことで注目されているのが、ボロンです。ボロンを多く摂取している人は、そうではない人に比べて血中のエストロゲンの濃度が倍になったというデータも!

何に含まれているの?

ボロンがたっぷり含まれている食材としては、ブドウやキャベツなどが有名です。ボロンは熱への耐性がないですから、食べ物から摂取する場合は生のまま食べることが基本となります。キャベツやブドウなら生で食べるのにも向いていますよね。ブドウの場合は一房のサイズが大きめでボリュームがあるものなら、全部食べなくても一日の摂取量の目安を余裕でクリアすることもあるそうです。食べ方ですが、キャベツの場合ならサラダ、ブドウの場合はそのままかデザートに取り入れるといいでしょう。

ボロンが必要なわけとは?

若いころは卵巣の働きも活発ですから、エストロゲンの分泌量も十分な状態なので、まだボロンの出番というわけではありません。でも30代後半からはエストロゲンが減ってきますから、このあたりからボロンを摂取するといいですよ、40代になるとさらにガクッと分泌量が減りますからね。エストロゲンが減ってしまうと、乳腺が育ちにくくなってしまいます。さらに、冷え性になり血行が悪くなっていくので、バストの成長に必要な栄養が届かなくなります。だからこそボロンが重要なのですね。

胸を大きくしたいならタンパク質の多いササミなどの食品を多く摂ることです。胸は良質なタンパク質などの栄養で大きくなることがあるからです。