肌の露出を避けようがないなら、レーザー脱毛しかなさそう

自己処理以外の方法が

ムダ毛は、以前は自己処理するしかありませんでした。電気針脱毛という永久脱毛方法はあったんですけど、毛穴のひとつひとつに針を刺して電流を流すわけで、それは手間暇がかかっていたんです。毛穴の数は、無数にありますからね。ひとつの毛穴を焼き切るにも、数十秒かかるんですから、60分で60個程度ですかね。多くて100個か。肌の露出が必要になる時期の、よほど前からやっていたとしても、とても間に合わないわけです。

自己処理は肌をボロボロに

電気針脱毛が現実的な方法でない以上、もう自己処理するしかなかったわけですが、自己処理はどの方法であれ、肌を傷めます。根を詰めてやればやるほど、肌はボロボロになっていきます。18年ほど前に、レーザー脱毛が日本に導入されたのは、幸運なことと言えるでしょう。自己処理から解放される道ができたんですから。それまではなかったんですよ。人は2万年も前からムダ毛の自己処理をしてきて、ほんの18年前にやっと解放される道が開けたんです。

オゾン層の破壊も進んだから

技術の進歩は素晴らしいですが、一方でオゾン層の破壊なども引き起こされました。それによって、紫外線の害がクローズアップされ、今や日焼けを防ぐことが美容の王道となり、真夏に長袖でも通せるようになりました。それ以前は変な人扱いされましたが。その方法で自己処理から解放されるという道もあります。でも、いろいろな事情で肌の露出が避けられない場合は、もうレーザー脱毛しかないでしょうね。方法があるだけ、いい方なのかもしれないです。

レーザー脱毛に挑戦をするにあたり、優れた経験を有する医師にサポートを依頼することで、成功率を高めることが出来ます。