クリニックで聞いてみよう!ダイエット中の食事の三つの注意点

タンパク質の不足と補給方法

ダイエットとをしている人と食事に偏りが生じがちであり、それが原因でダイエットが進みにくくなったり、体調が悪くなったりしてしまうことがよくあります。クリニックで相談してみると指摘されることが多いのがタンパク質の不足です。脂質を取らないようにしようとした結果として肉を避けてしまい、タンパク質が不足して体調が悪くなる人は少なくないのです。良質なタンパク質源として大豆や鳥の胸肉を活用することがよく勧められます。

食物繊維の不足による便秘

ダイエットをしていて便秘になってしまい、ダイエットクリニックに相談に来る人も多いのが実情です。この場合に多いのはやはり食事の偏りが原因であるパターンであり、食物繊維が不足していて便が出ない状況になっていることがよくあります。特に水溶性食物繊維が不足していることが多いため、海藻やこんにゃく、しらたきなどの水溶性食物繊維に富んでいる食材を利用するように勧められるのが一般的です。水分補給によrって便を柔らかくするようにする指導もよく行われます。

むくみが原因のときの対処

ダイエットをしても痩せないばかりか足が太くなってしまったという人もダイエットクリニックによく相談に来ます。この際に問題になっているのがむくみであり、やはり元を正せば食事が原因になっているのが特徴です。野菜不足でカリウムが足りていなかったり、むくみになっている影響を受けて水分を取らないようにした結果としてかえって身体の中に老廃物が溜まってしまっていたりすることがよくあります。野菜ジュースは飲むだけでも改善することがあるのでよく推奨されるものです。

なかなか痩せないことに悩んでいるなら、ダイエットクリニックで診察を受けましょう。専門性の高い医師に相談できますから、とても頼りになります。