メスを使わないプチ整形!埋没法のメリット3選

皮膚を切らないプチ整形

一重まぶたや奥二重のまぶたが、コンプレックスという方も多いですよね。このような目元のコンプレックスを解消したいなら、やっぱり美容整形が効果的です。ただ、美容整形と聞くとメスで顔を切る・・という怖いイメージもありますよね。実は二重まぶたを作る美容整形の中には、メスを一切使用しない術式もあるんですよ。埋没法という方法で、まぶたの皮膚は切らず糸で固定して、二重のラインを作ります。皮膚を切らない、プチ整形としてすごく人気ですね。

自然な二重まぶたになれる

メスで皮膚を切るのではなく、糸でまぶたの皮膚を固定して二重まぶたのラインを作る、埋没法は自然な二重まぶたになれるというメリットもあるんですよ。皮膚を切る術式の場合、かなりくっきりとした二重のラインになります。西洋人風の幅の広い二重に憧れる方は良いのですが、よりナチュラルな仕上がりを目指しているという方には、不自然に感じるかしれません。埋没法は日本人に1番多い、末広型の二重まぶたになります。自然だけど目が大きく見える効果も、ちゃんとありますよ。

腫れや痛みが少ないプチ整形

埋没法は特殊な糸で、まぶたの皮膚を留めて二重のラインを作ります。メスを使う美容整形のように、切開・縫合を行わないので施術後の回復が早いんです。施術後、大きな腫れは約2日から3日程度続くものの、その後は徐々に引いていきます。例えば、連休などの休みを利用して埋没法を受ければ、休み明けには仕事が出来るまでの状態に回復するんです。仕事をしつつ美容整形を受けたいという方に、埋没法はとってもおすすめな美容整形ですよ。

美容整形では肌の質を良くしたり、脂肪を吸引してスタイルを良くしたりすることが出来ます。若返りを目指したり美しくなるために整形をする人が多いです。